個人情報保護について

個人情報保護方針

本事業団は、個人情報は極めて重要な情報であり、個人情報を適切に扱い保護することは社会的責任であると認識しています。本事業団に関わる全ての方々の信頼にお応えできるよう個人情報保護に努めることが社会福祉の健全な発展に寄与するものと確信しています。本事業団は個人情報保護に関して、規程はすでに定めていますが、加えて個人情報保護方針を以下のように策定しました。本事業団の役員・職員、及び本事業団業務に従事する全ての関係者は、この方針を尊重し、遵守します。
社会福祉法人 東海テレビ福祉文化事業団

1.利用目的個人情報を取得する場合は、その利用目的を書面等で本人に通知するか、公表するなど明らかにして、本人の同意を得ます。
2.取得方法個人情報は適正な方法で取得します。
3.利用方法利用目的の範囲に限り個人情報を利用します。
4.個人情報の正確性の確保個人情報は、最新かつ正確な内容で利用します。
5.個人情報の安全性の確保個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいなどに対し安全対策を講じます。
6.個人情報の提供個人情報を第三者に提供するときは、本人の同意を得て行います。
7.教育・啓発役員・職員は、個人情報保護に関する研修を定期的に行い、個人情報を適切に取り扱うようにします。
8.事故が起こった場合の対応個人情報の漏えいなどがあった場合は、速やかに適切な処置を講じます。
9.個人情報の外部委託個人情報の取り扱いを委託する場合は、秘密保持契約を交わすなど、委託先において個人情報が適切に保護されることを確認のうえ委託します。
10.対応窓口事務局で個人情報に関する要請、苦情等に対応します。