東海テレビ

真昼の悪魔

主演・田中麗奈

2017年2月4日(土)放送スタート毎週土曜日 23時40分~24時35分

突然現れた隣人が、
ごく普通の家族を崩壊させた…
オトナの土ドラ第一弾
「火の粉」のスタッフ再集結!
身近に潜む恐怖に震えて眠る、
今度の舞台は…「病院」だ!

その悪意は、
白衣を着て訪れる…

昭和55年に発表された医療ミステリー

遠藤周作の原作「真昼の悪魔」
を遂にドラマ化!!

誰もが悪魔になり得る現代社会の恐怖のシナリオとは…。
主演を飾るのは田中麗奈、女性医師役に初挑戦する!!

コメント

大河内葉子
 田中麗奈さん

大河内葉子役 田中麗奈さん

原作はとても面白く、最後までスリルを味わいながら一気に読む事が出来ました。人間が感じる、いわゆる情というものが大河内葉子の心には存在せず、それを自身が疑問視し、空白を埋めるため悪を犯していく。
それが自分にどんな反応をもたらすかという事を純粋に追求する彼女に、ぞくぞくとしながらも強烈に惹きつけられました。
悪とは何か?という事への探究心。彼女は人と違うのかもしれない。
もしくは、誰しにもある心に素直なだけなのかもしれない…
私も、大河内葉子に引き寄せられた一人としてこの役を演じたいと思いました。
誰の心にも潜む悪魔、それを追い求める大河内葉子の姿を通して、
誰もが楽しめる心理サスペンスをお届けしたいと思います。

難波聖人
 中村蒼さん

難波聖人役 中村蒼さん

遠藤周作さん原作の作品に出られること、素敵な役者の先輩方と共演できることを大変ありがたく、実際に作品に入るのが本当に楽しみです。
台本を読んでみて、なぜか悪魔的な行為をする葉子に興味が湧いている自分がいて、何故こんなことをするのか、何がきっかけなのか。気が付いたらそのことばかり考えていました。 今まで僕が想像していた「悪」というもののイメージが変わったような気がしました。
病院内で起こる様々な不可解な事件。何故そんな事をするのか。全く考えられない感情ですが、意外とそれは純粋な気持ちや素朴な疑問から生まれるものなのかもしれません。
視聴者の皆さんには、僕の演じる難波がそれを紐解いていくので、同じ目線になってこの作品を楽しんでもらえればと思います。

物語

美人外科医のウラの顔、
自分でも理解ができない本当の顔とは…
空虚が女神を、悪魔に変える…

とある教会のミサで神父は言う。
「悪魔は埃(ほこり)に似ています。誰も気づかぬうちに、目立たずそっと忍び込み、たまっていくのです。みなさんの心の中に…」

後方の席で神父の言葉を聞いている女性・大河内葉子(田中麗奈)。その美しくも無表情な顔からは、彼女の内面がまったくうかがい知れない。

一方、作家志望のとある青年・難波聖人(中村蒼)は、腹部に猛烈な痛みを覚え、 大学の山岳部のOBで面識のあった医局長の吉田誠のいる病院に駆け込んだ。
対応するのは、白衣の医師・葉子。

虫垂炎だと診断し、てきぱきと指示を出す葉子。
激痛に耐える難波の顔を両手で包み込み、優しい声をかける。
美しい女神のような葉子の姿に、難波は地獄の痛みが和らいだ気がした…
手術は無事に成功し、入院することになった難波は、愛想のいい清掃員・芳賀明善と出会う。
少しおせっかいだが、院内の事情に詳しい芳賀とすぐに意気投合する。そして何より、美しく優秀な葉子が担当医になったことに喜ぶ。
しかしそれは、大いなる絶望と破滅への入り口であった。

―病院内で奇怪な事件・トラブルが相次ぐ。

病室の引き出しの奥に挟まっていた不可解なメモ…。
認知症の老婆に対する医療事故…。
少女が謎のアレルギーで死の淵に…。
偽のカルテにより病状が悪化していく患者…。

―果たして、これらは誰かの悪意の所業なのか、それとも…?

一方、葉子のプライベートもまた、ある意味奇怪なものであった。
度々、教会の神父のもとを訪ね、懺悔室で思いを吐露する。
俗物である御曹司・大塚光の猛アタックに応えるも、妖しくねじれていく関係。それは、葉子自身にしか解らない深い闇、葛藤、虚しさに、もがき苦しんでいく姿だった。

患者、同僚、恋人、父親…複雑に絡み合う事件と人の心。
人間の本質に巣くう「悪意」とはなんなのか。
誰の心にも「悪魔」が埃のようにたまっていく可能性があるのではないか。 全てのオトナに問いかける現代医療サスペンスは、
衝撃の結末へと転がり進んでいく…。

スタッフ

企画
横田誠(東海テレビ)
原作
遠藤周作『真昼の悪魔』(新潮文庫 刊)
脚本
香坂隆史
音楽
大間々昂 ほか
演出
森雅弘 ほか
協力プロデューサー
市野直親(東海テレビ)
千葉行利(ケイファクトリー)
プロデュース
遠山圭介(東海テレビ)
高橋史典(ケイファクトリー)
馬場三輝(ケイファクトリー)
制作著作
ケイファクトリー
制作
東海テレビ

原作本

遠藤周作『真昼の悪魔』(新潮文庫 刊)

遠藤周作『真昼の悪魔』(新潮文庫 刊)