よ~く見ると...

前回のブログでご紹介した

郵便ポスト写真展の話題の続きです。

 

写真展では、犬山市内の郵便局の"風景印"も展示されていました。

風景印とは、ご当地の名所・名物などを描いた特別な消印のこと。

 

 

 

DSC_1457.JPG

 

 

よく見てみると...

 

 

 

DSC_1458.JPG

犬山城が描かれたものが実に多いのです!

さすが、国宝。地元の誇りなのですね。

DSC_1533.JPG

かわってこちらは、

前回登場の、ご当地ポストカメラマン、鎌田良隆さんが

扶桑郵便局長時代に作った風景印。

枠をよ~くご覧ください。

二重丸ではなく...

なんと、扶桑名物の守口大根!!!

守口大根の長いフォルムを活かした風景印なのでした。