貴重なご縁!山本尚さん

日本の有機化学の第一人者、山本尚さん。

物質同士の反応を活性化する触媒の研究に取り組み、

有機合成化学における「分子性酸触媒」という新分野を

築かれました。

 

feesion_caputure20161116_111355.jpg

 

兵庫県の芦屋に生まれ育ち、小学生の頃は、

"好きなこと"だけをしていたという山本さん。

遊びを通して「化学大好き」の素地を築いていきました。

 

feesion_caputure20161116_111422.jpg

 

先日、中部大学が主催する「技マルシェ」という催しに、

様々な企業とともに、東海テレビが出展することになり、

オープニングトークを、ご一緒させて頂くことになりました。

ノーベル賞の発表直後・・・候補にもなられ、

有機化学の分野では最も権威がある「ロジャー・アダムス賞」の受賞も

決まったところ。

中部大学に教授としてお勤めになっているとはいえ、

お忙しい中、まさかお話の機会に恵まれるとは・・・

 

DSC00898.JPG

 

その際の、語録・・・

「薬品の匂いで、化学式が判る」というびっくり人間話から、

「ウソでも良いから、自分がこれだけは一番」というものを持つ。

そう言い続けているうちに、きっと何かで一番になる!

私など凡人にも希望が持てる言葉まで・・・

 

DSC01787.JPG

 

偉大な山本先生とは、

わずかに、同郷と「お酒好き」という点だけが共通項ですが、

その後受賞された「東海テレビ文化賞」の席上でも

ご一緒させて頂きました。

 

DSC01788.JPG

 

趣味は「食べること」と「女房」と公言され、

この日もご夫人と共に出席されました。

幼少のころ山本少年・・・「あほちゃうか」は、

関西ではある種の「褒め言葉」。

大先輩の偉大な功績には遠く及びませんが、

私はいつまでも"アホ"でいたいです。

貴重なご縁に、感謝!